人が生きていくための活動を生活と呼びますが、ひとえに「生活」といっても漠然としていて、かつ生活で起こりうるひとつひとつのことを考えると複雑なことばかりです。
人は衣食住さえあれば生きていくことはできますが、現代では社会で生きていくことも生活の意味に含まれており、人間の生活は衣食住だけでなく労働や、子育て、扶養、介護といったように配偶者や親族のために営まれるだけでなく、信仰や地域の文化、職場や家庭のような環境に囲まれて営まれています。
そうした中で我々が快適に暮らしていくには、様々な知恵を身に着けていかなければなりません。
知恵をつけるヒントは日常生活にもありますが、本やインターネットなどにもあるかもしれません。