通訳案内士試験道場

通訳案内士試験道場(中国語・韓国語地理・歴史・一般常識)


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

通訳案内士試験道場は、通訳案内士試験に合格することを目標に、日本について広く深い知識をもち、さらに中国語・韓国語で日本を紹介できる人材を育成するために創られました。

通訳案内士試験は、色々な分野から出題されます。語学だけでなく、社会科の分野からも出題されます。この点は、他の語学の試験とは大きく異なります。そもそも語学に関する試験は、語学分野に特化している事が多いです。英語の試験であれば、あくまでも英語分野だけになります。社会科や国語などの分野に渡って、出題される訳ではありません。ですから英語力さえ高ければ、英語の試験で高得点を取る事は可能です。しかし通訳案内士試験は、状況は大きく異なります。語学力だけでなく、幅広い分野に渡る知識が求められるからです。地理もその1つです。そもそも通訳という仕事に携わっていると、色々な地域に関する知識が求められる事はあります。その都合上、この資格試験でも地理分野から出題される訳です。ただし地理の場合、他の分野ほどハードルは高くありません。少なくとも語学分野と比べれば、ハードルはかなり低めになります。大学入試レベルの知識があれば、ある程度高い得点を取る事は可能だからです。では地理試験で高得点を取るにはどうすれば良いかというと、アプリを活用してみると良いでしょう。入試に関するアプリでも、地理分野には十分対応できます。例えばある専門業者が提供しているアプリは、おすすめです。各分野に関する有名講師の講義が収録されたアプリがあって、格安料金で利用できるようになっています。アプリには、場所を選ばないメリットがあります。自宅だけでなく、通学電車やカフェなど色々な場所で利用できるのは便利です。しかもそのアプリは、暗記に関する機能も充実しています。効率良く地理試験の学習を進めたいなら、そのアプリも活用してみると良いでしょう。また通訳案内士試験の地理分野は、高校レベルの問題集でも十分対応できます。通販サイトなどで問題集を買ってきて、地理分野に対する勉強に励んでいる方も大きいです。基本的には問題集は1冊に絞り込むのが効率的です。色々な問題集に手を出さず、1つの問題集で集中的に学んでみると良いでしょう。
【関連情報:通訳案内士試験