株式会社沖縄不動産販売

株式会社沖縄不動産販売:沖縄の高級不動産物件の取り扱い


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

株式会社沖縄不動産販売は、高級不動産物件の取り扱い、軍用地・米軍賃貸住宅などの資産運用事業、流通店舗事業、リノベーション事業を中心に、不動産全般のプランニングやご相談を賜っています。

沖縄の不動産を購入する場合には、まず場所をよく確認することが必要です。確認したい内容は、単に交通の便が良いからといったところではなく災害に強い場所かどうかです。土地はいちど購入してしまったら、変更することができず、途中で移動することもできません。そのため、土地を購入するならば場所をしっかりと見定めておきたいところです。沖縄で考えられる災害は、台風が考えられます。台風は沖縄によく上陸しますが、特に気圧が低い状態で上陸するため、雨風が強い傾向にあるでしょう。もし、風通しの良いところで雨風に吹かれた場合には、建物が倒壊する恐れがあります。土地ならばまだ良いですが、農業をする場合などでない限り、そこに建物を建築するはずです。そうすると、可能な限り鉄筋コンクリートなどの頑丈な建物にするのが良いでしょう。木造住宅なども、問題ないですが最近の台風の強力な風力を考えれば、鉄筋コンクリートが無難なところです。次に、水が溜まりやすいかどうかも確認しておきます。水がたまりやすい場所は、水害が発生した場合に水浸しになってしまい、床上浸水までしてしまうとなかなか修復が困難です。リフォームすれば、元通りに戻るかもしれませんが、それでもやはり床上浸水等を避ける場所が良いでしょう。これらの条件を見て、不動産を購入する必要がありますが、不動産の紹介自体は不動産会社が行ってくれます。具体的には、仲介手数料等を支払う必要もありますが、仲介手数料が全くないところなども存在するため、そちらに惹かれる人もいるかもしれません。仲介手数料を支払わない場合には、金銭的な負担が少なくなる傾向があるものの、結果的にどこかで仲介手数料と同じ位の金額を支払わなければいけないため、必ずしもそこが良いとは限りません。単に安いから物件を買うと考えるのではなく、本当に自分が必要と考えるところに物件を建築するあるいは入手することが重要です。
【関連情報:沖縄 不動産